7/2-3, 台北:ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ vs 破壊博士ルビーニ、「仮想通貨の価値」について徹底討論! アジア・ブロックチェーン・サミット2019クライマックスに注目だ!

アジア最大級の世界規模のブロックチェーンイベント、アジア・ブロックチェーン・サミット (ABS 2019)が7月2日から3日にかけて台北で開催される。2日間に渡りサミットには5000人の参加者と300を超える仮想通貨・ブロックチェーン関連企業が集結する。

ABS 2019は、台湾を東アジアにおけるブロックチェーン開発のリーダーに据え、アジアの最も進んだブロックチェーン国家への変貌を遂げるべく台湾に革命をもたらす。

ABS2019の目的:真の価値の探求と建設的な解決策の提案

BockTEMPO.comとOBITO.IOが共同開催するこのサミットでは、ブロックチェーン業界の歴史の中でも最も白熱したテーマが討論される。ここでは、ブロックチェーン業界の重要な事実、アイデア、価値観を提示し、業界を一新する創造的な解決策の探求が行われる。

テーマは、規制、商用アプリ、市場環境、業界エコシステムの構築、金融革命、技術分析、分散型社会の未来、これらブロックチェーン技術の導入が進む7つの分野に焦点が当てられる。

これらの議論に加え、各国の政府高官によるディスカッションも予定されている。お互いにアイデアや解決策をぶつけ合う絶好の機会となるこのサミットでは、東アジアのブロックチェーン業界全体を知ることができるだろう。

仮想通貨に精通する衆議院議員の竹中直一氏と「クリプト立法者」として知られる台湾立法院議員のジェイソン・スー氏が業界の方針や規制に関する政府の課題についてディスカッションを取り仕切っていく。

そして、ABS 2019に仮想通貨界で最も影響力のある二人も参加する。

世界最大の仮想通貨のスポット取引所であるバイナンスの創設者兼CEOジャオ・チャンポン氏(通称:CZ)は、世界のブロックチェーン産業の展望についてスピーチを行う。

もう一人は、世界最大の仮想通貨レバレッジ取引所ビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏。ビットコインのデリバティブ市場について彼の見識も交えながら討論していく予定だ。

破壊博士ヌリエル・ルビーニ氏とビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏による討論

サミットの目玉となるのは、マクロエコノミストで「破壊博士(Dr. Doom)」ことヌリエル・ルビーニ氏とビットメックス創設者兼CEOのアーサー・ヘイズ氏による討論だ。

注目される世紀の対立では、「仮想通貨は人類の未来を変えるのか?」「ただの一時的な熱狂なのか?」と言った仮想通貨の根源的価値について議論が交される。

両者の仮想通貨に対する理解には大きな違いが存在する。ルビーニ氏はマクロ経済の分野では、歯に衣着せぬ悲観論者として知られている。彼は一度あるカンファレンスで、「仮想通貨全体の81%は詐欺で、11%は基本的に失敗だ。そして残り8%はその9割の価値を失うだろう」と仮想通貨を痛烈に批判している。

「仮想通貨の99.99%は失敗する運命にあると信じている。もしかしたら、ビットコインだけが、後数年やっていけるかもしれない。」とルビーニ氏は語る。

一方のアーサー・ヘイズ氏は前向きだ。ブロックチェーン業界で最も勇猛果敢な起業家の一人であるヘイズ氏は、昔ながらの銀行で働いていた経歴がある。彼は伝統的な金融システムとブロックチェーン業界の両方で幅広い知識を持ち、彼が手がけるビットメックスでは100倍レバレッジでUSDペアのビットコイン取引ができ、1日の平均取引は10億を超えるほどだ。

「2019年の間は、厳しい抵抗が予想されます。」と一度は言ったヘイズ氏だが「とはいえ、ビットコインは心理的ラインである1万ドルには回復するでしょう。」と言い切っている。

6月22日の真夜中にビットコインは1万ドルを突破した。彼のこの前向きさは有用であることが証明された。

ルビーニ氏とヘイズ氏は、真逆の意見と思想を仮想通貨に抱いている。そんな彼らの討論は、仮想通貨が詐欺なのか、大変革の代物かと言う根源的なテーマに切り込むことができる。彼らの考えは、討論を超え世界中を駆け巡ることになるだろう。

台北ブロックチェーンウィーク:ブロックチェーン業界で活躍する著名企業が集結する歴史的ミートアップからスタート

ABS 2019に協力するバイナンスは一週間に渡る台北ブロックチェーンウィークのグランドオープニングを行う。30を超えるカンファレンス、技術プロジェクトや個人投資家のミートアップそしてパーティーなどが開催される。

7月2日午後7時スタートのグランドオープニングは、「バイナンス・スーパー・ミートアップ」とも称され、ABS 2019のセンターステージで行われる。ミートアップに集まった数千人規模の参加者を魅了する。
 
バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏(通称:CZ)も「バイナンス・スーパー・ミートアップ」に参加する。彼はセミナーの開催も予定しており、バイナンスの上級幹部、多様なコミュニティーから集まった代表者、そしてバイナンスユーザーの方も参加する。CZ氏は以下のように述べている。

「私たちはスーパー・バイナンス・ミートアップをABSで開催できることを大変嬉しく思います。より近くでコミュニティの意見を聞きたいし、同時に私たちの思いも参加者と共有したいと考えています。バイナンスは間も無く2年目を迎えます。あなたたちのサポートがなければ、今のバイナンスはありません。私たちは心から皆さんのセミナーへの参加を歓迎します。バイナンスと一緒に成長していきましょう。」

ABS2019は、台北のマリオットで開催されます。会場は、アジアホールとフォルモサステージの二箇所で、同時並行で開催されるセッションを含んでいます。サミットは、Pwc, EY, Deloitte, KPMG, Antpool, Sparkpool, Canaan Creativeのサポートの下、英語で執り行われます。 

今年の夏、革命の目撃者となるみなさまのご参加を心よりお待ちしております!

###

BlockTempo.comについて(https://www.blocktempo.com/)

BlockTempoは、国際的なブロックチェーンサミットから週間ミートアップまで、これまでに100を超えるイベントを開催してきた台湾で最も影響力のあるブロックチェーンメディアだ。テック系から業界パイオニアへの投資などに関する複数のオンラインコミュニティーの運営も行なっている。

BlockTempoは台湾と海外との情報のギャップと障壁をの排除を継続的に行なってきた。コンテンツには、ライブストリーミング、速報、テクノロジー、企業家精神、産業、投資トレンド、徹底解説など多種多様。BlockTempoは台湾のブロックチェーン分野における革命を促進する取り組みを日々行なっている。