プレスリリース

aelfメインネットは去年の12月10日に正式に立ち上げられた。(立ち上げ初期にブロック生成するのみといった)簡単な機能しか持たない大多数のパブリックチェーンと異なり、aelfはホワイトペーパーに記載されたすべての機能を携えたオールラウンド型のブロックチェーンシステムとして登場。その中にはコアとなるDAppも複数含まれる。

aelfはまだ大々的に知られてはいないものの、我々が注目する2021年の最有力パブリックチェーンプロジェクトだ。知らぬがゆえにチャンスを失ってしまうのはあまりにも勿体ない。今回は以下で、aelfの計り知れない可能性について探ってみよう。

aelfメインネットの利点

  • 「価値の孤立化」問題を解決

クロスチェーンの動作において現在指摘されているパフォーマンスやリソースの分離、安全かつ高効率な相互接続などの問題を解決するため、aelfは独自のクロスチェーンモデルを提案している。

aelfの独自設計であるメインチェーン+マルチサイドチェーンストラクチャーでは、開発者が1つのサイドチェーンでデプロイやDApp操作を行うことができる。各ブロックチェーンごとにシーンを一対一で割り当て、効率的にリソースの分離を実現する仕組みだ。並列パフォーマンスの観点からも、コンピューティングとAEDPosコンセンサスメカニズムの採用により高頻度取引のニーズに応えることができる。また、メインチェーンインデックスと検証メカニズムをベースとするクロスチェーン技術を利用したメインチェーンとサイドチェーン、およびサイドチェーン同士の情報交換も可能で、価値の効率的な伝達も実現している。さらに、aelfは昨年、クロスチェーン転送標準プロトコル(CCTP)を通じて10万米ドルという多額の資産を異なるブロックチェーン間で転送することに成功し、このクロスチェーンの実力を見せつけた。

最高20万ドルまでの賞金がある#aelfメインネット機能のトライアウトはこちらをご覧ください。 

 

  • 経済ガバナンスモデル

aelfの経済ガバナンスモデルでは、生成ノード、候補者ノード、開発者、投資家などの各役割に対して合理的なインセンティブと分配ルールが設けられている。

aelfは配当をプールすることによりエコシステム内の参加者へのインセンティブ分配を実現。ELF保有者は投票を通じて収益を得ることが可能で、ユーザー投票の収益はプールされた配当の75%を占める。将来的にはメインネットノードの選挙期間中に、保有するコイン数の大小に関わりなくすべてのユーザーが投票に参加できる予定だ。ユーザーの投票数が多く、ロックアップの期間が長くなるほど、配当参加の重要度は増すことになる。

生成ノードはプールされた配当のうち最大20%をインセンティブとして得ることができ、そのうち基本収益は10%、得票と再任の割合はそれぞれ5%である。aelfはさらに開発者にとって魅力的な、様々な形式のインセンティブや支払いのモデルを設計し、サイドチェーン上における多種多様なエコシステムの創出をサポートしている。
ユーザー資産のセキュリティ

aelfは取引所、ユーザーとプロジェクト関係者が安全かつ効率的に取引所の資産を管理できるように一元化された資産管理ソリューション(CAM)を開発し、これまでの取引所の資産セキュリティと不透明性の問題を解決した。

CAMは仮想アドレスを作成し、ユーザーに代わって送金以外の操作を実行するよう取引所をコントロールすることにより、中央集権型取引所における資産の不透明性を解決する。CAMは管理者メカニズムを導入しているが、各管理者の資産管理権限は異なる。ユーザー資産のセキュリティは授権者数と管理額に基づいて確実に保証される仕組みだ。さらに、CAM契約では取引所ユーザーに残高確認ツールが提供される。取引所がランダムにユーザーの資産を移さないようこうしたリスクヘッジを敷くことで、中央集権型取引所の資産管理の信頼性を高めている。

まとめ

aelfはクロスチェーン技術、パフォーマンス、ガバナンスのいずれにおいても高いレベルを保持してきた。今後は単一のブロックチェーンエコシステムから、数万単位のチェーンが相互に繋がり合うシステムへと価値が移行していくことだろう。

2021年はaelfにとって特別な一年になるといえる。メインネットのスムーズな立ち上げに引き続き、aelfは実力を発揮して迅速にビジネスを展開し、爆発的な成長を遂げるはずだ。

最高20万ドルまでの賞金がある#aelfメインネット機能のトライアウトはこちらをご覧ください。 


本件に関するお問い合わせ

AELF PTE. LTD.

担当: Joy

連絡先Email:joy.ye@aelf.io

Twitter:https://twitter.com/aelfblockchain

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー