ウォールストリートジャーナル紙: ゴールドマンサックスはビットコインの直接取引を計画している

通貨は(仮想通貨でさえも)、実際に何かを語るかのように思える。優良な証券会社の巨人であるゴールドマンサックスは、投資家がビットコインの直接取引するとの可能にすることを検討しているというニュースをウォールストリートジャーナルが伝えた。

 

このニュースによって、ゴールドマンサックスは、急激に成長する仮想通貨市場への投資家のアクセスを可能にするウォールストリートで最初のリーディング企業になるだろう。他のファームはグレイスケール・プラットフォーム(GBTC)など、いくつかのプロダクトを持っているが、ゴールドマンサックスは投資家へすべての市場をオープンするだろう。企業向けの広報担当によると、

 

クライアントの仮想通貨への関心に呼応して、私たちあ彼らをどのように送り出すのがベストか模索している。

 

規則は増えるか?

このニュースが仮想通貨界隈の急激な合法化を引き起こしている間、それによって確かにビットコインや仮想資産への政府の立法機関による精密な調査の機会は開かれた。

 

すでに、連邦準備制度は仮想通貨についてより深く学んでいると示唆し、証券取引委員会はICOに関する取り締まりの規則を提出した。

 

必要とされるボラティリティ

ゴールドマンサックスは買い相場である株においてさえ、相当な減益(昨年から21%の減少)に直面している。そして、その問題はボラティリティと関係しているように思える。ゴールドマンサックスは、株式市場でのパニックによる売買のアドバンテージを得ることができなかった。そして、投資家に利益を得る機会を提供するためにおそらくボラティリティのある新しいソースを探している。ウォールストリートジャーナルによると、

 

ウォールストリートで最も頭が切れるトレーダーとしてかつて知られたゴールドマンサックスは同業他社以上に苦しんでいる。フィクストインカムの部門の収益は6月を通して昨年から21%落ち、コモディティと通貨での貧しいパフォーマンスによって引きずりおろされた。

 

増加している主要な投資家の採択がビットコインに対して友好的なのかどうかはまだ動向を見守られなければならない。それでも、そのような関心は、ジャミー・ダイモン氏のような他のバンクの判断に疑問を投げかけるだろう。

 

※原文

WSJ: Goldman Sachs Planning Direct Bitcoin Trading

https://cointelegraph.com/news/wsj-goldman-sachs-planning-direct-bitcoin-trading