米コロラド州、政治運動費用への仮想通貨による寄付受け入れ提案

 米国コロラド州選挙の立候補者は、選挙キャンペーン費用の仮想通貨による寄付を受け入れ可能になる見込みだ。デンバーポストが17日に伝えた

 ウェイン・ウィリアムズ州務長官は、16日に提出した規則案で政治運動の寄付を仮想通貨で受け入れる提案をした。連邦選挙委員会 (FEC)は 、ビットコイン現物による寄付受け入れをすでに承認している。ビットコインによる寄付金は10日以内に政治運動の公式供託所に移動させる必要がある。

 寄付された仮想通貨は現金によるものと同様に扱われる見込みで、価値は寄付時点で算出する。コロラド州はFECの指示に従い、寄付限度額を超えた場合は寄付者に返金すると見られている。

 同州副長官のスザンヌ・スタイアート氏は、仮想通貨による寄付は会計上の問題が起こる可能性があると懸念を示したが、寄付者にとって利便性があり、FECと歩調を合わせると述べた。

 コロラド州以外に、政治運動費用の寄付を仮想通貨で受け入れている州には、ニューハンプシャー州があり、2014年には受け入れを開始した。