Uproov: ブロックチェーンのタイムスタンプがより高度に使いやすいモバイルアプリに。公証人役場の衰退が始まる

モバイルアプリ市場に登場したUproovは業界初のリアルタイムでタイムスタンプを記録するアプリとなる。これにより電子データで重要な取引などを仲介人や第三者の必要ないしに記録し証明することが可能となる。

タイムスタンプとは特定の情報がブロックチェーン上にひとつの情報として“永久的”に保存されることである。これはビットコインの台頭以来珍しいものではなくTangible.io、Proof of Existence、OriginStamp、BitSig、BitProofなどのサービスが過去にも産まれてきました。

 

タイムスタンプが公証人に代わる

タイムスタンプで一体何ができるのでしょうか?

基本的には公証人と同じです。ただし、より経済的、100%信頼できる、そしてユーザーが願えばいつでも世間に公表できるという点が違います。Uproovが出来るまではそれぞれの書類に関連付いたハッシュコードしかブロックチェーン上には存在していなかったのですがUproovは写真、ビデオ、そして音声までも記録できるのです。

タイムスタンプは従来の公証人よりも信頼できます。何故なら誰にもデータの書き換えができないからです。過去に書かれたサインは絶対に改竄できません。もし改竄された場合ハッシュコードが合わなくなり改竄が証明されます。

 

数多の機能、数多のリスク

このテクノロジーが可能にすることは例を提示した方が理論を説明するより分かりやすいでしょう。

 

あなたは自分の仕事が盗まるのを恐れますか?

タイムスタンプさえあれば依頼人の評判は下がるので払うでしょう。

 

警察の暴挙を証明したいですか?

タイムスタンプを取り公開しましょう。ブロックチェーンは誰にも改竄できませんので政府も手が出せません。

 

自分の仕事を公開する前に自分のだと証明したいですか?

自分の顔と一緒にタイムスタンプを取ってしまえば解決です。そうすれば自分の仕事だと証明できるでしょう。

 

特許申請所に新しいアイディアを持ち込む前に自分のものだと証明したいですか?そこでタイムスタンプです。

 

パートナーの不倫を証明したいですか?彼/彼女の不倫相手との情事を公開しましょう。あなたは捕まるかもしれませんが相手の人生は破滅しましたよ。

 

警察があなたの隣人に何をしているのか公開したいですか?

タイムスタンプがあればものの数分でSWATがあなたの家に来るでしょう。

 

こうしていくつか例を挙げただけで有用性が分かると思います。もし実用化されるとなったらプライバシー関係でいくつか問題も上がるでしょうが実用性は変わりません。

 

Uprooveの決定的な違い

ここまで読んだ人は「上記のサービスとuproove」の違いは何だろうっと思っているだろう。

Uprooveの違いはスマホのアプリになる点でもネット上に書類をアップロード出来る点でもない。このプロジェクトの創立者の一人ジョン・ブリッチ氏は他のサービスであった捏造の抜け穴を書類などのファイルを記録された瞬間にアップロードすることで回避したのです。

もちろん、自分でファイルを選んで手動でアップロードすることもできますが別のハッシュコードが付きます。

ブリッチ氏は「写真、ビデオ、音声の記録とブロックチェーン上へのアップロードのための暗号化にタイムラグはありません。一瞬です。

さらに詳しく説明すると、Uprooveはアップロードされた写真などににEzy-Idをつけ我々のサイトで瞬時に判別できるのです。

緑のEzy-IDは自動的にアップロードされた写真ということなので最初の一枚だと判別できます。赤いEzy-IDは過去に存在していた写真ということです。

さらに我々のサーバーにあるオリジナルのファイルはあなたがセキュリティーコードを共有した人達しかそのオリジナルのファイルを閲覧できないということです。そしてすべての機能はオン/オフ切り替えできます。Uprooveは存在している似ているサービスの何年も先を言っています。」とコメントしました。

 

iOSとAndroidのアプリ

Uprooveは最初の20回は無料となります。それ以降の使用はプロライセンスを購入した人だけ利用できます。企業内などでの利用は我々の開発チームとの相談をしてください。

収入はサーバー費やさらなる発展のための費用などに回されます。

ブリッチ氏は「今日まで多くの人々の関心はフォトショップや加工などで本物と見分けがつかなくなることにありましたが、Uprooveはこれを否定します。携帯のアプリとしてリリースすることでUprooveの可能性は乗算的に上昇しました。」と述べました。

Uprooveはスマートフォンのアプリです。iOS版は近日中に公開され、アンドロイド版は90%開発が終わってるのでリリースもそう遠くないことでしょう。

デベロッパー達は支払方法として少し時代錯誤なFIATを採用しました。しかし、それは彼らのせいではありません。Apple StoreもPlaysStoreもビットコインでの支払いを受け付けないのですから。

 

ビットコインのブロックチェーンが至高である

Uprooveはビットコインのブロックチェーン上で機能します。そして我々にはなだOpenBazaarとBitHappyと連携する革新的なアプリがあります。

ビットコインのソフトウェアの経済は今まで財布、交換、そして小さい賭けゲームしかありませんでした。そして今まさに現実世界でのビットコイン使用のブロックチェーン利用を考えたアプリ開発の時代に突入したのです。

今回紹介したアプリはビットコインを主流に押し上げる可能性のあるアプリです。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー