ブロックチェーンで移民労働者の搾取回避へ 国連機関が香港のデジネックスと提携【ニュース】

香港に拠点を置くデジネックス国連機関の国際移住機関(IOM)は、香港で移民労働者の搾取を回避することを目的としたブロックチェーンツールを共同で公開した。デジネックスが12月16日にプレスリリースで発表した。

このツール「インターナショナル・リクルートメント・インテグリティ・システム・セルフアセスメント・フォー・エシカル・リクルートメント(IRIS-SAFER)」は、香港にある移民労働者を対象とした雇用代理店約1500社が使用できる設計となっている。

ブロックチェーンの導入で、データ記録が安全で書き換え不可能にし、より高いデータ統合と透明性と可視化を目指す。香港には39万人の移民労働者がいるとされ、98%が女性で56%が雇用代理店から違法な費用を請求さているという。IOM中国のミッションチーフであるジュゼッペ・クロセッチ氏は、以下のように述べている。

「IRIS-SAFERの活用を通じて、代理店らはまず雇用における国際倫理基準を学ぶ。その後にその進展を実施することができ、最終的にコミットメントを証明する。このプロジェクトでは、我々はIOMの国際的な取り組みを取り入れて、このIRISイニシアチブを通じて、香港の移民労働者らの雇用の具体的な経験に合わせて調整する」

このシステムは、香港での展開のあと、他国でも導入を計画しているとしている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン