“知識が潤沢”であるということ―Augurがブロックチェーンセキュリティのエキスパートと提携を結ぶ

イーサリアムベースの予測市場プラットフォーム、AugurがアカウントサービスやEdge Securityを導入するためにAirbitzと提携を結んだ。

Augurは従来のエンドユーザー向けのウェブサイト同様、自動暗号化やバックアップ、同期などが行える非常にセキュアでユーザーフレンドリーなアカウント作成プロセスを提供する予定だ。

これはブロックチェーンを利用した試みとしては世界初だろう。

AugurのCore Developer、Joey Krug氏は次のように述べている―

 

「目下、分散型アプリケーションにおける最も大きなユーザビリティ上の問題の一つとして、プライベートキーやアカウントデータを中央サーバへのバックアップ無しに保存する良い方法がなかったことがありました―Airbitzと提携することでこの問題が解決することになります」

 

 

ブロックチェーンセキュリティのエキスパート、Airbitzとの提携

 

現実世界で起こった出来事の結果を元に予想し、その予想が的中し正しい結果がもたらされた場合リアルマネーを得ることができるという仮想株を取引する分散型予測市場、Augurは、これまでに530万ドル以上の資金をクラウドファンディングによって獲得している。株価はより多くの人が買いに走ることで時間が立つに連れて変動する。

Airbitzはビットコインやイーサリアムなどを利用したアプリケーションにさらにEdge Securityを提供していくことを計画しており、2014年に設立されて以来Edge Securityのプラットフォーム開発を続けている。

ビットコインユーザーの多くがモバイルアプリケーションには馴染みがあるだろう。その多くはデータセキュリティや消費者保護の課題などを抱えたコンシューマーや企業向けのアプリケーションだ。Edge Securityはエンドユーザーのアカウントセキュリティのユーザー体験を向上させる一方で、同時に繊細なユーザーデータを保管する負担をほぼゼロにまで軽減することが出来る。

 

分散型アプリケーションのセキュリティとアクセス性能の強化

 

AirbitzとAugurがパートナーシップを結んだことで、Edge Securityプラットフォームのさらなる発展へと繋がることが予想される。

Augurは非常にセキュア且つユーザーフレンドリーな方法でアカウント作成が可能になり、自動暗号化、バックアップ、従来のウェブサイト同様に同期などが行えるようになる。

Airbitz共同創設者兼CEO、Paul Puey氏は次のように語っている―

 

「予測、と呼んではいますが、完全なリリースを迎えれば、Airbitzのアカウントと緊密に統合されAugurは最もシームレスなアカウント作成、暗号化、バックアップ、同期が行えるようになります」