仮想通貨企業tZERO、パブリック・ブロックチェーンで取引データを記録する技術の特許取得

Eコマース大手オーバーストックの仮想通貨子会社tZEROは、取引データなどをパブリック・ブロックチェーンに記録できる技術の特許を取得した。8月6日にプレスリリースで明らかにした。

今回の特許には、「タイム・オーダード・マークル・エポック(TOME)」という技術が使われているという。tZeroによれば、この技術は「取引、実行、決済といった時系列データの記録と承認にデジタルシグネチャを使用するベースレイヤー技術」だという。

今回取得した特許技術では、従来のマッチングエンジンまたはプライベート・ブロックチェーン台帳などの低遅延アプリケーションを、パブリック・ブロックチェーンに記録することができる。TOMEで、リクエストが来た取引を時系列に素早く登録でき、ハッシュ計算し、こういった取引の審査可能で変更不可能な記録を作成できるという。

同社は今回の技術の意義を次のように述べている。

「このシステムは、取引活動の報告が必要な取引や監査を行う規制当局に、価値ある機能を提供する」

さらに、同社の別のシステムと連動させて、従来の取引システムでパブリック・ブロックチェーン上のトークン化されたブロックチェーン基盤の証券の決済との連結も可能だとしている。

ベンチャー企業データベースのクランチベースは、tZEROの年間収益は850万ドル(約9億円)になるだろうと予測している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版