英旅行会社、ビットコインなど仮想通貨で航空券の予約可能に【ニュース】

英国拠点の旅行会社のオルタナティブ・エアラインズは、スイス拠点のデジタル決済ユートラストと連携し、仮想通貨での支払いを受け付ける。11月13日に発表した。ビットコイン(BTC)などで航空券の予約ができるようになるとしている。

ビットコイン(BTC)の他、イーサリアム(ETH)、ダッシュ、デジバイト(DGB)、ユートラストのネイティブトークンUTKでの支払いを受け付けるとしている。

今回の提携で、クロスボーダー(国境をまたぐ)のトランザクションが即座にでき、買い手の保護、仮想通貨と法定通貨の決済ができる。オルタナティブ・エアラインズのウェブサイトでは航空会社650社超の航空券を扱っている。ヌノ・コレイアCEOは以下のように述べている。

「商用でもプライベートでも、航空旅行は消費者にとって、何カ月も前からお金を貯めて準備をする高額なものだ。高額チケットに関しては、消費者が予約する際に保護されるべきなのは当然。ユートラストはオルタナティブ・エアラインの顧客に、仮想通貨決済によって高いセキュリティと利便性を提供し、処理費用を削減し、世界のオンライン決済にさらに高い透明性と信頼性をもたらす

ユートラストは今年8月には、ポルトガルのサッカークラブチームSLベンフィカと提携。同チームの物品やチケットの仮想通貨決済を提供すると発表している。

また、先月には、仮想通貨ATMを手掛けるビットストップマイアミ国際空港にビットコインATM設置を発表している。同社は、「利便性とセキュリティの観点から、現金ではなくビットコインで旅行したいという需要は増えている」と指摘していた。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン