米規制に準拠したフィンテック企業、仮想通貨ビットコインのTAS取引を提供【ニュース】

米ニューヨークに拠点を置くフィンテック企業Tassat(旧トゥルーデジタル)はデジタル資産マーケットメーカーのブロックフィルズと提携し、ビットコインのスポット取引(XBT/USD)のTAS取引を提供する。

ヘッジウィークによると、ブロックフィルズはデジタル資産の電子市場の形成やプライムブローカーを手がけている。

TAS取引は清算値段や清算値段から一定額を加減した値段での成立を事前に設定する取引。主にデリバティブ市場で広く使用されている。

ビットコインのTAS取引の参照レートは、10以上の世界の店頭デジタル資産マーケットメーカーからの見積もりが集計されるという。

ブロックフィルズは取引の注文フローや実行、決済をサポートする。

Tassatは今月、米商品先物取引委員会(CFTC)からデリバティブ取引を行うための「スワップ執行ファシリティ(SEF)」登録を取得していた。

【関連記事:米規制に準拠した仮想通貨デリバティブ取引所、米フィンテック企業が必要なライセンス取得