ブロックチェーン用いたギャンブル・エコシステムの創出へ

 ロンドン拠点でブロックチェーンベースのプラットフォーム及びプロトコルであるジョイトークンは、より賢く、また信用できる新しいギャンブル・エコシステムの創出を目指している。企業の発表によると、彼らはすでに200以上のカジノを運営している主要なネットワークと契約を結んだという。

 

 

開発者に権限を与えることで、ギャンブルを変革する

 ジョイトークンは、ポーカースターツとベット365の元経営陣によって開発された。彼らは200億ドル規模のギャンブル業界を、より簡素化し、透明性と能率性を持たせることによって、変革しようとしている。彼らは、個人開発者とソフトウェア企業、大規模デジタルカジノ、そして利用者を繋げることで、その答えを発展させた。ジョイトークンによって作られた新しいゲーム・エコシステムは、利用者に自由を与える一方で、カジノのリスクを減らすことができる。

 スタートアップの設立者たちは、小規模ゲーム開発者に起業チャンスを与えることで、その目的を達成しようとしている。大きな課題は、大規模ゲーム開発者が完全に業界を支配している現在において、幅広いプレイヤーの注目を得るということだ。

 小さなスタジオにとって、ゲームを売り込み、ユーザーを得ることはほぼ不可能に近い。ジョイトークンは、スマートコントラクトを使って新しいゲームの開発者に賞与を与え、それぞれの取引を安全に検査、記録、保証する。


信頼こそ最も価値のある資産である

 ギャンブル業界にとって一番難しい課題は、法的規制を守ることとプレイヤーからの信頼を得ることであった。プレイヤーは、それがどんなに興味深いゲームを提供していたとしても、無名の小さなカジノより、名の通った大規模なカジノを使う傾向がある。なぜなら彼らは、広告とブランド認知にお金をかける、大きなカジノに自然と惹かれていってしまうからだ。

 彼らが広告にかけている正確な金額は入手できないが、いくつかのオンラインギャンブル運営所からのデータによると、彼らの年間予算は数千万ドルに及ぶ。例えば、ギャンブルサイトのネットワークであるGVCホールディングスは、年間50万ドル(約5302万円)近くを、顧客獲得及び引き止引き留めのために使っている。

 特に若いプレイヤーは、金銭的匿名性、信頼、透明性などをギャンブルに求めている。ジョイトークンはこれらの問題を解決しようとしているのだ。


悪い評判の修正

 プラットフォームは開発者に対し、アクセス可能なゲーム統合への道を提供している。それは、仲介業者の削減も意味する:つまりその支払いは、ジョイトークンの形で直接開発者の銀行口座に振り込まれる。また、法的規制、またコンプライアンスなどの管理は、スタートアップが行う。ジョイトークンは、イギリス、マルタ、キュラソーで認可されている彼らのオンライン・カジノウェブサイト「プレイ・コスモ・カジノ」へのアクセスを開発者に提供し、そこで一般リリースの前にゲームをテストする機会を与える。

 スマートコントラクトは、プラットフォームに、その利用可能なブロックチェーン台帳上で、ゲームの結果の記録、認証を自動的に行わせる。これは許可を受けたプレイヤーとゲーム開発者に結果の確認と、互いのゲーム評価を可能にさせることも意味している。このプラットフォームは、アメリカン・エキスプレスや富士通シーメンス・コンピュータなどの国際的な企業で30年以上の経験を持つ、ケルド・クヌーセン氏などのゲーム専門家から支持されている。彼は、そのスタートアップ初期段階で、オンラインカジノやスポーツブックなどを提供しているオンラインゲーム企業のミスター・グリーンに参加した。
ジョイトークンの設立者たちはすでに、世界で200以上のカジノを運営する、いくつかの主要ゲーム配信企業との契約を結び、ジョイトークンを使う計画を立てている。会社の設立者は「ジョイトークンは、開発者にゲーム開発資金とその報酬を与え、プレイコスモや他の多くのサイトでプレイヤーにゲームを楽しませるだろう」と語っている。

 

免責事項:コインテレグラフは、当ページの内容や製品について保証しない。我々は入手できる重要な情報すべてを提供することを目指しているが、読者は会社に関する行動を取る前に独自の調査を行い、自身の決定に全責任を負うべきであり、この記事は投資アドバイスとはみなされない