ブロックチェーンもW杯の波に乗れるか? イニエスタ選手などがスポーツSNSの立ち上げを発表

 サッカーワールドカップ(W杯)は仮想通貨・ブロックチェーンと無縁ではない。

 サッカースペイン代表でヴィッセル神戸への移籍が決まったアンドレス・イニエスタ選手と元スペイン代表のカルレス・プジョル氏などが、15日にブロックチェーンを基盤としたスポーツSNSの立ち上げたと発表した。

 このSNSは「オリセーム(Olyseum)」と呼ばれ、スポーツの「アイドル」にSNSのフィード上でファンと交流できる場を提供する。企業のホームページには、次のよう書かれている。

 「すべてのアイドルがそれぞれファンと個人的なつながりを持つコミュニティーをもち、商品やサービスの交換やファンへの報酬の提供などを行う。我々のコミュニティーを通じてアイドルは収入は増やす一方、ブロックチェーン上で非中央集権化された報酬システムを利用することでファンに恩返しができる」

 また共同創業者のプジョル氏は、次のようなコメントを寄せている

 「FCバルセロナでのキャリアを通して、私は世界中にいる数百万人のファンから無条件のサポートをいただいた。リアルの境界を超えてより多くのファンに参加してもらうため、アンドレス、イヴァンと私は、サッカーを愛する人々が交流できる新たな場を作ることにした」

 オリセームは、年末にアプリも立ち上げる予定だが、W杯ロシア大会が始まった先週末に合わせて試験的な運用も開始。ワールドカップ熱を利用してスポーツ業界におけるブロックチェーン技術の導入が進むか、注目されている。元々オリセームは2016年にスペインで立ち上げられた人気スポーツSNSで今回はそれにブロックチェーン技術を組み込んだ形だ。

 ブロックチェーン技術に感心の高いサッカー選手は多い。アルゼンチン代表のリオネル・メッシ氏は、ブロックチェーンを採用した世界初のスマートフォンを作るシリン・ラボの大使を務めているほか、5月にはコロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手が自らの仮想通貨「R10」を発行することを発表した。