ソフトバンク、ブロックチェーンでパスワード入力省くソリューションを開発

 ソフトバンクは29日、ブロックチェーンを基盤とした高セキュリティの認証ソリューションを、米国のスタートアップ企業クラウド・マインズ・テクロノジーと共同開発したと発表した。

 クラウドマインズのブロックチェーンベースのデバイス認証と、モバイルキャリアのユーザー認証を組み合わせた。モバイル端末固有のIDと、所有者情報をブロックチェーン上のIDに関連付けることにより、モバイル端末の所有者を認証する際の安全性を確保。ユーザーは、ユーザーIDやパスワードを入力することなくウェブサイト上のさまざまなサービスにログインできるようになる。

 同ソリューションのフレームワークには、DDoS攻撃対策が可能なSDP(software defined perimeter)プロトコルを採用。ソフトバンクは、これにより高セキュリティなID管理共通基盤を提供できるとしている。

 共同開発で採用したクラウドマインズのPermissioned Chain(CMPC)技術は、コンセンサス方式にLegitimate Proof of Work(LPOW)を使用している。これは膨大な計算能力を必要とせずに51%攻撃を防止する仕様という。

 クラウドマインズは人工知能(AI)やクラウド技術などを得意とする中国発のスタートアップで、ソフトバンクグループが投資している。現在の本社は米国カリフォルニア州にある。

 

  • フォローはこちら: