SBIが福岡県宗像市で地域通貨発行 ブロックチェーン使ったQRコード決済

SBIホールディングスは20日、同社が出資するOrbが開発支援した福岡県宗像市の地域通貨「常若(とこわか)通貨」の提供を発表した

常若通貨はブロックチェーン技術を使い、筑邦銀行が発行する地域通貨。SBIは地域通貨の発行で地銀と協力する。

常若通貨は宗像市で開催される宗像国際環境会議への来場者や市内外の顧客を対象に23〜31日の9日間利用できる。市内の飲食店や観光スポットでQRコードを読み取ることでキャッシュレス決済ができる。