サウジ、デジタル環境作りに向けブロックチェーンブートキャンプを開催

 サウジアラビアの通信情報技術省(MCIT)は29日、イーサリアムのスマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)の構築に焦点が当てた「ブロックチェーン・ブートキャンプ」を完了したと発表した

 イベントは4月26日までの3日間の日程で行い、中東で複数のプロジェクトに関わるブロックチェーン企業のコンセンシスと共同で開催した。MCITによると、同イベントは、「2020 アクションプラン&目標」の一環であり、デジタル環境を作るための同省の計画の一部だ。

 技術産業・デジタル能力担当次官のアフメド・アルテナヤン博士は、2020年アクションプランの目標は「王国の発展プロセスを促進することを目指し、デジタル変革を達成するため、ICT(情報通信技術)に明るい人とそのスキルを引き寄せ、育成し、発展させること」と述べた。コンセンシスはこのほか、ドバイで20年までにブロックチェーン導入を目指すプロジェクトに深く関わっている。

 サウジアラビアは同時に、その他の経済分野でもブロックチェーン技術に関する実験をしている。サウジアラビア金融当局は2月に、国境を越える決済をテストすのためにリップルと提携した

  • フォローはこちら: