金融市場は「史上最大の暴落」へ 仮想通貨擁護論者キヨサキ氏が予言

 世界的なベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者として有名なロバート・キヨサキ氏は6日news.com.auのインタビューに答えて金融市場は「史上最大の暴落」に向かっていると発言した。キヨサキ氏は、ビットコインや仮想通貨の支持者としても知られていて、過去には仮想通貨がドルに取って代わるだろうと予言していた

 キヨサキ氏は、とりわけ米国連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和がバブルを作っていると指摘し、次のように述べた。

 「2000年の暴落はドット・コム・バブルと呼ばれていて、2008年はサブプライムローンに端を発した住宅市場の暴落だった。次の暴落は、過去に類を見ないほど大規模なものになる。いつになるかは分からないが、前触れは出ている」

 現在、最新の著書「Fake」を執筆中であるキヨサキ氏は、最近はいたるところにフェイクマネーが存在すると解説。1971年に米国のニクソン大統領がドルと金との兌換を停止したことで、米ドルもフェイクマネーになった警告した

「問題は、米ドルが目に見えない存在になったことだ。だから好きなだけ印刷されてしまう。一般人がするべきことは、オーストラリアの金やパースミントから銀を買うことだ。米ドルが下がれば、金が上がるだろう」

 キヨサキ氏は4月、近い将来に仮想通貨が法定通貨に取って代わると主張。世の中には3つのタイプのお金があり1つ目は「法定通貨である政府のお金」、2つ目は金や銀など「神のお金」、そして3つ目は仮想通貨など「人々のお金」と解説した上で、金や銀、仮想通貨がドルに取って代わるだろうと話していた。

参考記事
「ドル越えのためにはビットコインは21万3000ドルになる必要あり」=UBSのレポート