量子暗号市場は8年後に19倍に|サイバーセキュリティ分野での需要拡大=レポート【ニュース】

リサーチ・アンド・マーケット社が発行したレポートによると、2027年までの量子暗号市場の年間平均成長率は39.2%になり、現在の約1億ドルから2027年には19億9610万ドルの市場規模になるという。

レポートによると、サイバー攻撃の増加のために、企業は高度なセキュリティによって保護されたソリューションやサービスが求められている。

量子暗号はどのような計算機でも解読できない暗号通信を実現できると期待されていることから、サイバーセキュリティ分野での需要が伸びることが想定される。

量子鍵配送(QKD)や,量子暗号コミュニケーションデバイスや量子乱数発生器などを使ったセキュリティーソリューションが特に業界を牽引するという。

特に北米や欧州、アジア太平洋地域での需要が増加すると考えられている。