11月2日のビットコイン相場チャート分析

ここに述べられている見解や意見は、あくまで筆者/寄稿者のものであり、必ずしもコインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンの見解を反映するものではありません。あらゆる投資や売買の動きはリスクを伴います。意志決定の際には、ご自身でリサーチをお願いいたします。

* ビットコイン/ドル、イーサリアム/ドル、及びライトコイン/ドルの市場データはHitBTC取引所が提供するものです。 

ビットコインのラリーが成就している。一方で主要アルトコインが軒並み下落。ビットコインの仮想通貨全体におけるシェアは62%となっている。これは今年4月と同水準だ。

今回のラリーの根拠となっているのが、二つの大きな材料だ。主要商品取引所による仮想通貨デリバティブ商品の推進と、中国の大手仮想通貨取引所による海外展開のニュースである。

また、セグウィット2xを目前に構築されていた売りポジションの手じまいもあるだろう。

BTC/USD 

BTC/USD

  • 2日、7200ドルをつけ、市場最高値を更新
  • 現状、抵抗線を見出しにくい
  • 今後の調整の鍵は、3000~4000ドルで買ったトレーダーが握っている。15日頃に予定されているセグウィット2x実施前にポジションの手じまいが始まる可能性がある
  • 下値サポートは、6600ドル、そして6200ドルに位置している。しかしこれは売り仕掛けポイントではないので注意

ETH/USD 

ETH/USD

  • イーサはさらに下落。資金がビットコインに流れているとみられる
  • 275~280ドルのサポート線の上でレンジ相場となっている
  • 315ドルの抵抗線さえ試さなかったため、今回の下落は想定内
  • 275ドルを割ったら、250ドルが次のサポートとなり反発か
  • この反発300ドルに戻れば楽観シナリオへ

LTC/USD

LTC/USD

  • ライトコインは前回の分析で提示したシナリオ成就(57ドルを試した後反落し、52ドル付近で推移)
  • 下降トライアングルの下限を割ったので、48ドルまで下落後、反発することが予想される。
  • 42~44ドルに位置するサポート線が要。ここは買いをいれ、短期で売り抜ける良いポイントだ。