ガチホ勢、要チェック!ハードウェア・ウォレット徹底比較

 2018年1月、日本の大手仮想通貨取引所『コインチェック』で、約580億円相当のNEMが流出するという事件が発生、多くの仮想通貨ホルダーが保管方法の大切さを意識づけられたことだろう。それぞれの保管方法にはメリット・デメリットがあるので、しっかりと理解した上で、状況や目的にあった方法を選択することが大切だ。今回は、ガチホ勢(長期ホルダー)にオススメのハードウェアウォレットを紹介する。

ハードウェアウォレットとは

 ハードウェアウォレットと聞いて、ハードウェアに仮想通貨自体を保管することを思い浮かべる方も多いだろう。でも厳密には、仮想通貨そのものではなく、取引(送受金)に必要となる秘密鍵(プライベートキー)が保管されている。取引所は、この秘密鍵を保管しているため、普段はユーザが意識することなく取引が行える。しかし、取引所がハッキングされてしまうと、コインチェックのNEM流出事件ように仮想通貨が流出するリスクが生じる。ハードウェアウォレットでは、その秘密鍵をネットワークの繋がったパソコンから切り離して保管することができるので、ネットワークを通じた流出のリスクを抑えることができる。

ハードウェアウォレットの注意点

 ネットワークから切り離されているからといっても完全にリスクがないわけではない。ハードウェアウォレットは、1万円以上するものも多く、少しでも安く手に入れたいと中古市場などで購入すると、悪意ある者が初期設定を済ませている(秘密鍵を握られている)ものがある。そうすると、秘密鍵を使って別のハードウェアウォレットに同期される可能性もある。ハードウェアウォレットを購入して安心したのもつかの間、自分の仮想通貨を盗まれるリスクもあるのだ。正規代理店で新品を購入することを強くオススメする。

どれを買えば良いのか

 いくつもの会社がハードウェアウォレットを販売しているので、どれを買えば良いか迷ってしまうだろう。注目すべきポイントは、対応する通貨、セキュリティ、ウォレットの形状、価格などが挙げられる。使用環境や目的など、自分に合ったものを選定しよう。今回はLedger Nano S(レジャーナノ・エス)TREZOR(トレザー)KeepKey(キープキー)COLDLAR(コールドラー)の4製品を比較する。各製品の基本情報は下表の通りとなっている。

対応通貨

 主な通貨の対応状況をまとめてみた。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)は、全てのウォレットで対応している。一方、リップル(XRP)は、Ledger Nano S(レジャーナノ・エス)COLDLAR(コールドラー)のみ対応しており、ネム(XEM)に関しては、TREZOR(トレザー)COLDLAR(コールドラー)のみ対応している点に注意が必要だ。また、現時点で対応していなくとも、将来的にファームウェアのアップデートで対応されることもあるので、各ウォレットの公式サイトなどで、情報を確認すると良いだろう。
 また、あくまでも対応している通貨であり、同時に全ての通貨を保管できるわけではないので、その点も注意が必要だ。

セキュリティ

 ハードウェアウォレットを自宅や会社の安全な場所に保管しておく分には問題ないが、出先での決済に利用したり、出張で持ち出したりすることもあるだろう。万一、紛失したり、盗難に遭ったりした場合、ロックがかかっていないと、保有している仮想通貨を盗まれるリスクが生じる。携帯電話で暗証番号やパスワードが設定されていないと、簡単にアドレス帳やメール、写真を見られてしまうのと同じだ。機種によって、ロックの方法が異なるので、表にまとめてみた。

 Ledger Nano S(レジャーナノ・エス)TREZOR(トレザー)KeepKey(キープキー)の3つは、PINコードやパスフレーズをサポートしているのに対し、COLDLAR(コールドラー)はスマホのように、指紋認証やパターンロック認証をサポートしており、スマホユーザーにとっては馴染みやすいのではないだろうか。

 COLDLAR(コールドラー)は、他の3つと比べ、もうひとつ特徴がある。それは、他の3つがUSBでパソコンに接続するのに対し、COLDLAR(コールドラー)はQRコードで接続するのだ。インターネットにつながったパソコンにハードウェアウォレットをUSBで接続すると、ウォレットを使用している間は、インターネットを通じてリモートコントロールされるリスクをはらんでいる。一方、QRコードで接続する方式は、そのリスクを回避できるのだ。ここまで徹底しているハードウェアウォレットは珍しい。

まとめ

 まずは自分の仮想通貨資産を見直し、ホールドする期間や金額ごとに分けてみよう。すぐに取引するのであれば、取引所のウォレットに置いておくのが便利だろうし、中長期的にホールドするのであれば、ハードウェアウォレットが安心だろう。
 自分の目的に見合った保管方法で、億り人への地盤を固めよう!