三菱UFJ、「MUFGウォレット」を9月にも開始 決済手段をトークン化=日経新聞

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)がスマートフォンでタッチ決済やポイント管理を一括できるアプリ「MUFGウォレット」を9月から開始する予定であることがわかった。日経新聞が27日、報じた

MUFGウォレットは、デビットカードやクレジットカード、QRコード決済サービスなどの決済手段をトークン化して安全に一元管理する。

クレジットカード大手VISAのデビットカードをアプリと連携させ、日本で初の国際規格に合ったVISAのタッチ決済ができるようにする。来春にもJCBのデビットカードにも対応するという。

また金融庁の「決済高度化官民推進会議」に提出された資料によれば、MUFGウォレットは同社TIS社と共同で取り組む「トークンリクエスタ代行事業」とも連携する。同事業はスマホの紛失などの際にもカード番号の流出がない様に決済情報やカード情報をトークン化する仕組みだ。

MUFGは独自のデジタル通貨「MUFGコイン」を今年後半にも実用化する方針であることを明かしている。

【関連記事:三菱UFJの独自デジタル通貨「MUFGコイン」今年後半に実用化へ