三菱UFJがデジタル通貨でリクルートと共同出資新会社|2020年に設立=日経【ニュース】

三菱UFJフィナンシャルグループはリクルートとデジタル通貨運営のための共同出資会社を2020年に設立する。日経新聞が報じた

MUFGはこれまでに独自のデジタル通貨、通称「MUFGコイン」を今年後半にも実用化する方針を示していたが、戦略を転換。リクルートと組み、MUFGコインの運営を新会社に移すことを決めたもようだ。

すでに共同出資会社設立に向けた契約書を締結しており、出資比率はリクルートが51%、MUFGが49%になる見通しという。

デジタル通貨はリクルートの求人サービスや「ホットペッパー」や「じゃらんnet」飲食店予約などで使えるようにする。

日経によると新会社は銀行法の枠組みではない「資金移動業者」になるという。銀行口座からアプリに入金し、QRコードで読み取り支払いをする。

三菱UFJでは2017年から約1500人の社員がMUFGコインの実証実験に参加しており、大手銀行ではブロックチェーン技術を使ったコインを発行するのは初めてとして注目されている。

【関連記事:三菱UFJの独自デジタル通貨「MUFGコイン」今年後半に実用化へ|ブロックチェーン技術を大手銀で初採用