電子書籍の貸し借りや中古売買実現を目指す|電子書籍取次最大手のメディアドゥがブロックチェーンエンジニアの採用強化 

電子書籍取次国内最大手のメディアドゥホールディングスは19日、子会社が実施するブロックチェーンを活用した電子書籍流通プラットフォーム構築に向けて、エンジニアの採用強化を発表した。電子書籍の貸し借りや中古品としての売買などを可能にすることを目指すという。

メディアドゥは同プラットフォームの開発で実証実験を終えており、今後開発スピード向上を目指すという。また、現在はオフラインでの閲覧できるウェブビューワーを開発している。

メディアドゥはLINEマンガやpixiv、マンガBANG!などに電子書籍コンテンツの取次やコンテンツ配信システムなどを提供する電子書籍取次で国内最大手。