複数担保型Daiローンチのメーカーダオが上昇|ビットコインは危険水域か【仮想通貨相場】

18日の仮想通貨相場は材料なく、主要通貨をはじめ、全面安、小幅な値動きとなっている。

Coin360

(出典:Coin360 「11月18日18時40分」)

一方で18日に次期バージョンである複数担保型Dai(MKD)が公開されたメーカーダオ(MKR)は18時40分時点で4%ほど上昇した。
MKDはETHとBATを担保タイプとして始まり、移行ポータルが18日にローンチされた。

これまでの単数担保型Dai(Sai)を持つユーザーは移行ポータルを利用してMKDへバージョンアップしていくことになる。今後、12月2日にかけてSaiの上場廃止を進める。

ビットコインは8400ドル付近で停滞しており、ビットブル・キャピタルのジョー・ディ・パスカル氏は8000ドルまで下落する可能性があると指摘している。

さらに、テクニカル的には7800ドル付近まで落ち込めば、6000ドルまで下落するとの声も出ている

【関連記事:ビットコインは6000ドルまで落ち込む可能性も?軟調な仮想通貨市場

【関連記事:週末に8700ドル突破を試みるか? 専門家らがみるビットコインのトレンド