欧州投資会社とブロックワン、1億ドルのEOS事業開発ファンドを発表

 フィンテック企業への投資を行うドイツの投資会社フィンラブAGと、ブロックチェーンのソフトウェア・プラットフォームのEOS.IOを開発したブロックワンが、EOSのソフトウェアを用いた開発プロジェクトを促進するため、1億ドルの合弁事業を立ち上げた。コインテレグラフ・ドイツが21日に伝えた

 フィンラブが運用するファンドは、ブロックワンが運営するEOS.IOプラットフォームのさらなる普及を目指している。フィンラブは他のベンチャーキャピタリストとともに1億ドルの出資を掲げており、フィンラブによる出資はEOS.IOのシードキャピタルのほんの一部にすぎない。

 EOS.IOは、イーサリアムのERC20準拠トークンを用いた分散型アプリケーション(DApps)のためのブロックチェーン構造で、開発者はブロックワンだが、オープンソースのプラットフォームは第三者によって運用される。ブロックワンは自らの立ち位置を、主にイーサリアムに代わるプラットフォームを提供する技術提供者と考えている。

 EOS.IOは、仮想通貨革命の第三の波の一つに数えられるブロックチェーンプロジェクトで、新たなブロックチェーン構造を用いて、スケーラビリティとフリー・トランザクションの向上に重点的に取り組んでいる。研究者らは2月、新しいスケーラブルなファントムと呼ばれるBlockDAG(ブロックチェーンに代わるネットワーク構造)を発表した。

 

 

The German fintech incubator FinLab AG and Block.one, developer of the Blockchain software platform EOS.IO, announced a $100 mln joint venture to develop projects that use EOS’ software, Cointelegraph auf Deutsch reported today, March 21.

The FinLab-run fund aims to further distribute the EOS.IO platform, run by Cayman islands-registered Block.one. The company has promised $1 bln in funding, together with other venture capitalists, for EOS.IO software. The fund with Finlab thus represents only a fraction of the seed capital of EOS.IO.

EOS.IO is a Blockchain architecture for decentralized applications (DApps) powered by Ethereum’s ERC20 standard tokens. While EOS.IO was developed by Block.one, the open source platform will be put into practice by third parties. The company identifies itself primarily as a tech provider who wants to offer an alternative platform to Ethereum.

EOS.IO is part of a third wave of cryptocurrency innovations and blockchain projects, which focus on improved scalability and free transactions using a new Blockchain architecture. In February, researchers introduced a new, scalable BlockDAG — an alternative network structure to Blockchain – called PHANTOM.