LINEが仮想通貨取引所サービス発表、仮想通貨同士の取引に対応 7月にも開始=日本はサービス対象外

 LINEは28日、仮想通貨取引所サービス「BITBOX」を開始すると発表した。同日に開かれたLINEのイベント「LINE CONFERENCE 2018」の最後に、LINEの出澤剛社長が明らかにした。サービスの提供開始は7月中の予定だ。ただし、日本居住者や海外在住の日本人にはサービス提供されず、日本語にも対応していない。

 発表されたリリースによれば、BITBOXは仮想通貨同士の取引のみを提供する取引所であり、法定通貨による仮想通貨の売買はできない。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)など、30種類以上の仮想通貨を取り扱う予定だ。出澤社長はイベントで取り扱い通貨は「随時追加していく」と語った。売買時のスプレッドは0.1%にするとしている。

 日本と米国を除いた各国でサービスを提供する。英語や韓国語など15言語に対応しているが、日本語とタイ語には対応していない。日本と米国を除いている点について、LINEはリリースの注釈で「LINEでは、仮想通貨取引に関する各国のルールや規制に則り、仮想通貨事業を展開して参ります」と説明している。

 サービスの提供はLINE子会社でシンガポールに拠点を置くLINE Tech Plusが担う。

 出澤社長はイベントの最後で「金融の領域においても世界で挑戦する。それは仮想通貨への取り組みだ」と語った。