暗号資産エコシステム向けソフトウェア開発リブラ社、シリーズBで16.7億円調達完了

 暗号資産エコシステム向けソフトウェアやデータサービスを提供するブロックチェーン企業リブラ社は7日、資金調達ラウンドのシリーズBを完了し、1500万ドル(約16億7000万円)を集めたと発表した。投資をリードしたのは、欧州のファミリーオフィスや、シードやスタートアップに特化したベンチャーキャピタル(VC)のリバティ・シティ・ベンチャーズ。

 リブラ社がシリーズAと合計で調達した額は2480万ドルとなった。調達した資金は、コアプロダクトであるリブラ・クリプト・オフィス・プラットフォームの構築、今年後半にリリース予定の新商品にあてる。

 製品拡充のほか、マイナーやレンダー、カストディアンなど新たな顧客セグメントへの事業拡大も強化する。これらは機関投資家の仮想通貨受け入れ促進を支援するものだ。

 同社は資金管理をサポートに関する発表をしたあと、シリーズBを完了した。これは伝統的市場で利用されている報告用インフラを仮想通貨業界に持ち込むことが成功していることを意味していると同社は述べている。

 リブラのジェイク・ベンソンCEOは、同社の使命は仮想通貨を処理する機関向けに記録システムを提供することで、同システムはマネジャーや投資家、監査機関や規制当局への報告義務の需要を満たものだと述べている。