韓国大手通信企業KT、釜山でブロックチェーンベースの地域通貨を公開へ【ニュース】 

韓国のKTは、釜山でブロックチェーンベースの地域通貨を導入することを発表した。12月30日に公開予定。現地ニュースのドンガ(dongA)が12月19日に報じた

報道では、以下のように述べられている。

Dongbaekjeonは、釜山の地元経済の活性化と小規模事業の運営の負荷を軽減する目的で釜山市が発行するブロックチェーン基盤のカードタイプ地域通貨

同通貨へは、Dongbaekjeonモバイルアプリやハナ銀行や釜山銀行からアクセスできる。「釜山市のどの店舗でもクレジットカード端末で使用でき」、現地の小規模な事業者での使用を促進する目的だ。

Decyrptoによれば、釜山市とKTは今年2月に同通貨の構築に関して合意していた。

KTのブロックチェーン事業センターディレクターのヨー・ヨンギュ氏は、Decryptに対し、以下のように述べていた。

「我々の現地通貨とブロックチェーンセキュリティ運用ノウハウで、KTは、Dongbaekの構築と釜山市の経済成長への貢献に向け取り組む」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン