JPモルガンCEO「ビットコインはスキャム」再び批判的な発言

 JPモルガンのジェームズ・ダイモンCEOはビットコインについて「スキャム」「興味がない」と話し、批判的な立場を再び表した。ブルームバーグが5日伝えた

 アスペン研究所の第25回年次夏季祝賀パーティーで、米国経済の見通しについて話す中で言及した。ダイモン氏は「政府は仮想通貨を取り締まる動きをとるかもしれない。仮想通貨は管理不可能だからだ」と述べた。

 同CEOは昨年9月にはビットコインを詐欺と呼び、その後、言葉の選び方について「後悔した」と述べていた。昨年10月には「私は世界が重要事項の領域にビットコインを含めようとは思わない。しかし、今後ビットコインについて言及するは控える」と語った。

 1月、ダイモンCEOはコインテレグラフの個別のコメントで、ビットコインを詐欺と呼び、マーケットを動かしたことについて聞かれると「回答できない」と述べた。しかし、仮想通貨について懐疑主義者ではないと付け加えた。

 ハーバード・ビジネス・レビューの7ー8月号でも、ダイモンCEOは「仮想通貨について発言すべきではないだろう」とし、仮想通貨についてコメントをすることを控えている。同じインタアビューでブロックチェーン技術は本物であると述べている。JPモルガンはブロックチェーンをテストしており、様々なことに応用するだろうと語った。