「ブロックチェーンを使った公文書管理を」、音喜多議員が安倍首相に提案【ニュース】

1月30日に開かれた参議院予算委員会で、公文書管理にブロックチェーンを活用する是非について議論が行われた

日本維新の会の音喜多駿参院議員が、公文書管理問題を巡る質疑の中で、公文書のデジタル化とブロックチェーン技術の活用を提案した。

「現在の技術では改ざんは限りなく防止できる。…公文書のデジタル化が進んでいない状態ですから、ブロックチェ―ン技術を比較的容易に適合することが可能だ。…政府が公文書管理にブロックチェーン技術を使うとなれば、その発展にも間違いなく寄与することになる。公文書管理のデジタル化とともにブロックチェーンを実装するべき」

安倍首相は「技術的な問題である」として直接答えず、この提案には北村誠吾内閣府特命担当大臣が答弁。北村大臣は行政文書の電子化については「具体的実現手法については検討中」であると述べるにとどまった。

音喜多議員は「技術と環境は既に整っており、(ブロックチェーンを導入するかは)政治家の決断次第だ」と主張した。