弱気相場続く仮想通貨 ビットコイン強気派ドレイパー氏に直撃

ティム・ドレイパー氏は米のベンチャーキャピタリストだ。米Twitter、エストニア発のSkypeや中国検索サイト百度(バイドゥ)に投資している。これだけではなく、米テスラ社や米ロケット開発のSpaceXなど名だたる企業に初期段階から投資してきた。

投資家としての傍ら、同氏はビットコイン強気派としても知られている。闇サイトの「シルクロード」の摘発後、押収されたビットコインを14年に同氏が落札した。また、18年9月には22年までにビットコインの価格が25万ドル(約2800万円)まで上ると予想を述べている

コインテレグラフはティム・ドレイパー氏にインタビュー。「こういう下落は仮想通貨にとって危機ではなくチャンスだ」と述べる。

果たして1BTC 25万ドル予想は維持しているのだろうか?