仮想通貨の弱気相場でトレーダーはどう振る舞うべきか?米ベテラントレーダーにインタビュー

ピーター・ブラント氏は米国のベテラントレーダー・テクニカルアナリストだ。コモディティ取引において40年以上の経験を有する。同氏はトレーディングに関する本をいくつか出版しており、その中でも『一芸を極めた裁量トレーダーの売買譜』はベストセラーとなり、トレーディング本においてAmazonで27週連続1位を獲得した。

「ソーシャルメディアでは仮想通貨相場でテクニカル分析は意味がないという人がいる。しかしここはチャート分析のクラシカルな原則が適用される場所だ」と、ブラント氏は断言する。

コインテレグラフはブラント氏にインタビューを行った。「トレーディングは短距離走ではなくマラソンだ」と語るブラント氏。終わりそうにもない仮想通貨の弱気相場の中で、トレーダーはどのように振る舞うべきなのかを尋ねた。