ビットコインの続落。急落の背景と底値の目途は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

米中貿易戦争一時停戦?

昨日のBTC相場は大きく反落。150万円近辺でピークを付けた後、乱高下を繰り返しながら110万円近辺までの反落を見せた。LedgerXが現物受渡のBTC先物取引をCFTCから承認を得た事が好感され120万円を上抜けたBTC相場は香港情勢の悪化もあり勢いを増すと、最後は買いが買いを呼ぶ展開で150万円近辺まで急騰を見せた。しかしコインベースのアクセス障害や上昇の過程でETFが承認されたというデマが流れていた事などが嫌気され120万円台まで急落。すぐさま切り返し140万円台に値を戻すとサウスチャイナポストが米中首脳会談で米追加関税見送りと貿易戦争の一時停戦の見通しが示されると今回の強気相場を支えていた材料の一つである逃避買い意欲が減退、結局、150万円近くまで戻せず力尽きると下げ足を強めた。更に元GSのノボグラッツ氏の26日にBTCを少し売った、もっと売れば良かったとのコメントもあり110万円近辺まで下落している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。