在宅で出来る、ビットコインを使ったバイナリーオプション・トレードで生計を立てる方法

暗号通貨愛好家やトレーダーの間で、ビットコインのバイナリ―オプションによるトレードのの人気が出始めている。

一般的に、ビットコインのような暗号通貨への投資は価格のボラティリティなどをうまく利用すれば高い利益を得ることができる。

しかしながら、ビットコイン価格のトレンド予想は事実上不可能であり、大きな損失とリスクが付きまとう。

 

損失の予測は難しい

ビットコインやイーサリアムなどのような暗号通貨の取引をする際の大きな問題として、利益率や損失の大きさを予測するのが難しいという点があるため、投資家たちが経済的損失を取り戻し、資産を守ることが難しいと言われている。世界最大の暗号通貨価格のトレンドが評価されれば、非常に短期間でその価格が4倍、またはその逆にもなり得るということは明白だ。

日々増え続けている数多くのビットコイン・トレーダーや暗号通貨愛好家たちは、まさにこの目的のためにバイナリ―オプションでの取引を行っている。多額のビットコインや他の予備通貨をかなり高い確率で損失してしまうリスクを得る代わりに、バイナリ―オプションで取引を行えば、トレーダーは価格の利益及び損失を予測し、将来的に起こり得る事態に備えることが出来る。バイナリ―オプションでトレードを行う利点は、トレーダーや投資家が損失のリスクを軽減するために様々な戦略を立てられるという点にある。

トレーダー投資家は、プラットフォームに依存しない様々な戦略を実践することで、固定損のリスクを減らすことが可能だ。投資パターンやビットコイン価格のトレンドにあまり知識がなかったり、全く知らないユーザーやトレーダーはこういった戦略を実践することで損失を無くし、利益を最適化することが出来る。

 

マーチンゲール法

プラットフォームに依存しない戦略として知られているものの中で最も古いものがマーチンゲール法だ。投資構造としては、初期投資とポジションを確立させるというもので、利益が出れば出費比率は同じままだが、負ければ次のポジションで倍投資する、という方法である。

この戦略の肝は、時間の経過とともに、ユーザーが最終的にはバイナリ―オプション取引を行い利益をプラスに持っていく、という点にある。もし過去に負けていても最終的に利益率が勝っていれば損失を清算できるという寸法だ。

 

ダランベール法

次の投資方法はダランベール法と呼ばれるものだ。この戦略は核となるコンセプトや目的はマーチンゲール法と同じものだが、損失が出れば投資額を増やし、利益が出れば投資額を減らすというものだ。例えば、もし初期投資が1だとして、損失が出た場合は次に2を投資する。さらに損失が出た場合はさらに3、4、と増やしていく。利益が出た場合は、4から3へ投資額を1減らす、という具合だ。

賢くこれらの戦略を実践していけば、個人トレーダーも安定的な収益と利益率を叩きだし、温かい家に居ながらにして生活費を稼ぐことも出来るようになるだろう。

  • フォローはこちら: