レストランレビューにトークン報酬システム、日本企業が世界で初導入

 ブロックチェーンと人工知能(AI)を活用したグルメ版SNSアプリ「シンクロライフ」を提供するGINKAN(東京・新宿)は2日、レストランのレビュー投稿者に対するトークン報酬システムを導入したアプリの新バージョンβ版を公開したと発表した。同社によると、レストランのレビュー領域にトークン報酬制度を導入するのは世界で初めて。

 シンクロライフは、ユーザー各人の食の価値観をデータベース化し、AIを活用して好みのレストラン探しをサポートする。新バージョンでは、このプラットフォームに、トークン報酬と仮想通貨ウォレット機能を追加した。レストランのレビューを投稿したり、レストラン情報の作成や翻訳をしたりすると、ユーザーはトークン(SynchroCoin、 SYC)を報酬としてもらえる。ユーザーのレビュー貢献度は独自のアルゴリズムで分析し、質の高いレビュー投稿者に対し、SYCをインセンティブとして付与。不正なレビューを抑制する仕組みを作った。

 今後は、イーサリアム(ETH)など他の仮想通貨もシンクロライフのウォレットに対応させる。また、コンテンツ制作によるSYC付与のほか、加盟レストランを利用した時に飲食代の一部をSYCで還元する仕組みや、SYCと食事券との交換、飲食代金をSYCで支払えるサービスなどを導入し、トークンエコノミーを形成していく。

ICOで調達した開発資金でメジャーローンチへ

 シンクロライフの香港法人は、昨年9月にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施。755イーサ(ETH)を調達した。日本円で約5000万円ほどの資金を得て開発資金の一部にし、今回のメジャーローンチに繋げた。

 神谷知愛CEOによると、ICOの準備として、中国のマーケットを中心にコミュニティ作りやメディア露出によるプロモーションをしていたが、実施予定日の1週間前に同国政府によってICOが禁止され、調達目標額は集まらなかったという。ICOは日本では実施できず、詐欺プロジェクトが散見されるなどの問題もある。しかし、神谷CEOは、今回のように限られた資金でもサービスをきちんとローンチ出来ることを証明し、次のICOをやりたいと期待を示している。