ゴールドマンサックスとグーグル傘下ファンドが投資する仮想通貨使った決済サービス会社とは?ビットコインを中継銀行のかわりに

仮想通貨ビットコインを使った国際送金の仕組みを開発する米Veem(本社サンフランシスコ)が、ゴールドマンサックスやGV(元グーグルベンチャーズ)等から約28億円調達していたことがわかった。さらに、Veemはゴールドマンサックスから議決権を持たない取締役会オブザーバーも受け入れる。

Veemは中継銀行のかわりに仮想通貨を使って、顧客と店舗間のクロスボーダー決済を完了させる企業向けの仕組みを提供。現在は米国で8万社が同システムを採用しているという。

GV社の幹部によると、急速に顧客ベースを広げるVeemはビットコイン関連のスタートアップでいち早く株式公開する企業のひとつになる可能性があるという。

この技術の「キモ」は、取引参加者がビットコイン等を保有する必要がないということだ。仮想通貨を使っていることを全く知らずに、国際送金を気軽に行うことができる。

今回の調達ラウンドに参加したのはゴールドマンサックス、GV社に加え、シリコンバレーバンクやパンテラキャピタル等が含まれるという。

米金融・IT大手はすこしづつ仮想通貨分野での投資を進めている。ゴールドマンサックスの戦略投資部門はこれまで決済スタートアップ「サークル」に出資。また、グーグル傘下GV社も仮想通貨プロジェクトStorjや、仮想通貨先物大手であるLedgerX等に投資している