ドイツ自動車業界、実世界のブロックチェーン利用を促進

 ビットコインの基盤技術として発明されたブロックチェーンは、まもなく10年目を迎える。この10年で技術は進歩してきたが、いまだに魅力的なブロックチェーン ・アプリは開発されていない。そして、他の技術を時代遅れにするほどの破壊的な技術としても理解されていない。

 仮想通貨は成長し、拡大している。多くの注目がそこに集まり、エコシステムもまた発展してきている。一方で、仮想通貨の基盤であるブロックチェーン技術の応用は、いまだ不発のようだだ。なぜブロックチェーン革命は未だにその初期段階を抜け出せないのか、その理由はいくつもあるだろう。革命を加速しうる一つの要素は、ハイテクやブロックチェーン分野外の企業が、ブロックチェーンの可能性に気づくことだろう。

 BMWやメルセデス、ポルシェなどのドイツ自動車産業が、ブロックチェーン技術を使って試作を繰り返しているということが、最近話題となっている。ハイテク産業やブロックチェーン分野の外にいた有名企業が、このエコシステムに参入してきたことで、この技術の成長を促進する可能性がある。なぜなら、現実の世界において、この技術が使用できるということを誤魔化さずに証明できるからだ。


ブロックチェーンのキラーアプリはまだない

 ブロックチェーンには、大きな可能性と成功の見込みがあるにも関わらず、その能力を最大限に発揮できておらず、技術にまつわる混乱のみが強調されている。仮想通貨エコシステムは進歩し、発展しており、次第にメインストリームの奥深くに入り込み、様々な分野で採用されつつある。しかし、それが仮想通貨技術の基礎であるブロックチェーンになると、話は変わってくる。

 イニシャル・コイン・オファリング(ICO、新規仮想通貨公開)分野を見てみるといい。パブリック・アイデンティティからウェブカムポルノサイトまで、ブロックチェーンが割り込み、革新をもたらすアイデアで満ちあふれている。しかし、この分野はいまだ初期段階にあり、ブロックチェーン技術を実践したり、ブロックチェーンによるソリューションを受容したりという実績はまだ限られている。

 ブロックチェーンによるソリューションを提供するバンキームーン社のロリエン・ガマロフCEOは、ブロックチェーン技術には成長する時間が必要であり、仮想通貨を完璧なものにするためにまず努力を払うべきだと述べる。

 「私は悲観主義者であり、多くの企業がブロックチェーンに関わろうとしていることに懐疑的である。現在我々が耳にする誇大広告は好ましくない。多くのアイディアとソリューションは、データベースを使った方が上手くいく。まさに今、誇大広告のバブルの只中にいるのだ」。

 ガマロフCEOの意見では、仮想通貨こそがブロックチェーンのキラーアプリだ。「我々が必要な次のステップは、この技術を簡単かつシームレスにすることだ。ブロックチェーンとICOに注ぎ込まれた莫大な資金と努力は、ほとんどが無駄になっている。もし仮想通貨のみに注力していれば、未来は違ったものになるだろう。現在のICO革新期は、ブロックチェーン革命を遅らせている可能性がある。より多くの人材と資源を投入して、限界に挑戦する企業や組織が求められている。

 そのような試みは、すでにマイクロソフトやIBMなどがテクノロジー分野で実践してきた。それらの企業はブロックチェーン分野に足を踏み入れており、ブロックチェーンが革新期から抜け出すきっかけになるかも&