FFG、ブロックチェーンで地域ポイントプラットフォーム構築へ

 ふくおかフィナンシャルグループは18日、傘下のiBankマーケティングを通じて、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システムを構築すると発表した。既存のポイントサービスをブロックチェーンを使ったプラットフォームに移行し、年内の稼働を目指す。

 ハイパーレッジャーファブリックをベースにシステムを構築し、iBankのポイントサービス「myCoin」を運用していく。まずは既存の提携先である福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行とサービスの開始を目指す。

 iBankの担当者によると、myCoinは銀行が発行するデビットカードなどを使うことにより、ポイントが付与されるサービス。現在提携している銀行のみでは取引頻度が低いため、ブロックチェーンを使って機能の高度化させ、ポイント管理サービスの提供広範を拡大したい考えだ。

 将来的には同システムをオープン化し、様々な地域・事業会社との連携を通じた地域ポイントサービスの共通プラットフォームを提供する。加盟する事業者が、それぞれ独自のポイントを発行し、用途を決められるようにする予定。また、クロスチェーン取引も可能にする計画という。