欧州が仮想通貨のハブに?ICO額はアジア+米国に匹敵=ブロックチェーンVCレポート

欧州におけるトークンを使った資金調達であるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の額が今年、アジアと米国の総額に匹敵することが、ブロックチェーンVCファンドのファブリック・ベンチャーズのレポートで明らかになった。香港やシンガポールのICOに対する規制が厳しくなる中、EU諸国における規制は仮想通貨フレンドリーになりつつあるという。

今年のICO調達額は、欧州全体で41億ドル(約4600億円)。一方、アジアは23億ドル(約2600億円)、米国は26億ドル(約2900億円)となっている。スイスが5億5600万ドル(約624億円)、EUで最も小さいジブラルタルとマルタの合計だけでも3億ドル(約337億円)に達している。

(コインテレグラフ@マーケットアラート)