イーサリアムクライアントのパリティ幹部 コミュニティ内の争いでSNSを一時中断

ブロックチェーン関連の開発企業パリティ・テクノロジーズのリリースマネージャー アフリ・シェーデン氏が、イーサリアム(ETH)コミュニティで起こった内紛の中、ソーシャルメディアでの活動を中断すると明らかにした。挑発的なコメントの応酬となっており、冷却期間を設ける目的ととれる。2月17日投稿のツイートで、シェーデン氏は「今後通知があるまで、Gitter、Skype、Discord、Slack、Wire、Twitter、Redditには返信しない」と述べている。

パリティ・テクノロジーズは、イギリスを拠点とするブロックチェーン関連企業で、イーサリアムで著名なクライアントのひとつ、「パリティ」を開発している。また、さまざまなブロックチェーンをリンクし、分散型仮想通貨プラットフォーム間の相互運用性を高める目的で開発されたパリティの「ポルカドット(Polkadot)」プロトコルを、2019年第3四半期にリリース予定だ

シェーデン氏は、先週行った自身のつぶやきに対する反対意見を元に、ソーシャルメディアの利用を一時終了すると決断したようなのだが、現在それらはすべて削除されている。

最も物議をかもしたシェーデン氏のツイートは2月14日のもので、「ポルカドットが、セレニティ(Serenity)にあるべき姿をもたらす」と主張していた。セレニティは、コンセンサスアルゴリズムとしてPoS(プルーフ・オブ・ステークアルゴリズム)を採用するイーサリアム 2.0への最終アップデートにあたるものだ。

また同日シェーデン氏は、イーサリアム 2.0 フェーズ0(イーサリアム 2.0プレリリース版)で部分的に導入している新たなブロックチェーン「ビーコンチェーン」(Beacon Chain)の制限事項に対して、以下のようなツイートをしたという。

「セレニティ フェーズ0は、(利害関係のある)投資家向けのビーコンチェーンのみで、スマートコントラクトを実行するEVMの移行機能、スマートコントラクト関連機能、dApps(分散型アプリ)機能は備えていない。それでも、2020年にフェーズ0を開始するために18ヵ月以上のスケジュールを見ている」

ソーシャルサイトのRedditにおいて、このシェーデン氏の発言に関して人気となったコメントは、「ポルカドットにおけるシェーデン氏の開発作業は、セレニティに対する妨げになっている」と主張するものだ。さらには、「コンスタンティノープルを2018年10月から2019年1月16日、そして2月27日まで遅らせた」としている。

ただし実際には、ハードフォーク「コンスタンティノープル」の遅れは、パリティとはほとんど関係ない。 一方、10月の遅れは、パリティとイーサリアムクライアントの両方の障害に影響を及ぼしている。

一連の挑発的な「ポルカドット対イーサリアム 2.0」発言の応酬に関して、Reddit投稿者が「イーサリアム コミュニティの“ユダ”」と侮辱していると、2月15日にシェーデン氏がツイートを行った。「私は、議論のためにこのツイートをつぶやいたことを明確にしたい」とした。

パリティ・テクノロジーズは、シェーデン氏のSNS一時停止に関するコインテレグラフからの問い合わせに対して、記事執筆時点では答えていない。一方で、ジェフ・コールマン氏ハドソン・ジェームソン氏といったイーサリアムのコア開発者は、シェーデン氏の発表についてフォローするツイートを行っている。