エニグマがインテルと提携、プライバシー保護のコンピューティング技術の研究開発で

 エニグマの創業者でCEOのGuy Zyskind氏は21日、プライバシー保護のコンピューティング技術の研究開発において、インテルと提携すると公式ブロブで発表した。同取り組みの一環として、インテルのソフトウェア・ガード・エクステンション(SGX)を利用する。

 エニグマはマサチューセッツ工科大学(MIT)発のプロジェクトで、分散型アプリケーション向けに、よりプライバシーを重視したプラットフォームの構築を目指している。エニグマのシークレットコントラクトは、スマートコントラクトを秘匿化する。従来のスマートコントラクトはパブリックチェーンにおける取引情報が見える状態になっているが、シークレットコントラクトを使えば、暗号技術でプライベートな機密データを扱える。

 両社はスマートコントラクトにおけるプライバシーと安全性、スケーラビリティに関する問題を解決することを目指している。

  • フォローはこちら: