イーサリアム改善案でコミュニティが論争、EIP-999問題とは何だったのか?

 パリティ社がイーサリアム改善案「EIP-999」への投票を募ったことが、イーサリアムコミュニティのなかで論争を呼んでいる。EIP-999は、マルチシグウォレットに保管されている資産へのユーザーのアクセス権を回復させることを提案していた。おまけに、ヴィタリック・ブテリン氏は、EIP-999を扇動的に報じたことを理由のひとつとして、コンセンサス2018をボイコットするよう呼びかける事態にまでなっている。

 事の発端は、17年7月にパリティがハッキングされて、15万イーサリアム(ETH)が失われたことだ。パリティはコードの脆弱性を修正したのだが、今度は新たにデプロイされたスマートコントラクトコードに別の脆弱性があったことがわかった。これが偶然パリティのユーザーに利用されて、17年11月に、587のウォレットに入っていた51万3774を超えるETHが凍結されてしまった

改善案の中身は?

 これを受けて、パリティはEIP-999を提出。その大まかな理由は、ギットハブで説明されている。

「イーサリアムのプロトコルは、自己破壊されたコントラクトの回復を許さず、被害を受けたユーザーや企業が自分たちのトークンとイーサへのアクセス権を取り戻すのに、他に簡単な方法がないため、この提案が必要である」

 提案を実行するかどうかについての投票は、4月17日から4月24日まで行われた。その結果、過半数の55%が反対、39.4%が賛成、そして5.6%がどちらでも良いと投票した。

 ここで覚えておくべき点が2つある。まず、51万3774ETH(直近の価格では約445億円に相当)は失われてもいなければ盗まれてもいない。本来あるべき場所、つまりパリティのマルチシグライブラリに保管されている。問題は、コードの脆弱性により、それらの資金へのアクセスが破損してしまったということだ。

 第二に、EIP-999はイーサリアム・ブロックチェーンのハードフォークを実行しようというのではなく、「ウォレットライブラリのパッチ版」(コントラクトのソースコードへのパッチ)によって、ライブラリに依存しているマルチシグウォレットの所有者が凍結された資金へアクセスできるようにすることを提案していた。

 なぜハードフォークの話が出たのかというと、イーサリアム・ソフトウェア会社最大手のゲス社とパリティ・テクノロジーズ社が、EIP-999の実施に関して相反する考えを持っているのではないかと見られていたためだ。ゲスはイーサリアムの多目的コマンドラインツール、パリティ・テクノロジーズはイーサリアム・ブロックチェーンとやり取りできる人気のクライアントである。

 だが、その後ゲスの開発者であるピーター・シラーギ氏が自らの立場を直接ツイッターで明確にし、パリティ創立者のジュッタ・スタイナー氏とギャビン・ウッド氏も、パリティ・テクノロジーズのブログ投稿で、イーサリアム・ブロックチェーンの分裂を招くつもりはないと書いたため、この心配は払拭された。提案されたアップデートは否決されたが、それを取り巻く論争はいまだにくすぶっている。

論争的な投票

 投票自体も、議論の的になっている。投票方式に問題があったという指摘が多く出されているのだ。ここで採用されたコイン投票という形は、イーサリアムのユーザー1人につきひとつの投票権