ウクライナの仮想通貨取引所取締役が何者かに誘拐される

 ウクライナの仮想通貨取引所EXMOの代表取締役であるパヴェル・ラーナー氏が首都キエフで何者かに誘拐されていたことがわかった。街の中心部にある会社を出た際に黒いベンツに連れさられたという。現在警察等が捜査に乗り出している。

 ロシア国籍でポーランドに居住許可を得ているラーナー氏はウクライナで多数の仮想通貨やブロックチェーン関連の事業に関わっていた。ラーナー氏のフェイスブックによると同氏はロシアのクルスク出身。EXMOはイギリスで法人登記されていた。

 EXMOは現地メディアに対し、今回の事件は業務に支障をきたすことはなくユーザーのデータや資金もハッキングされていないと語っている。

 「パヴェル・ラーナーの捜索に全力を挙げている。また居所に関する手がかりも募集している。一方で取引所は通常通り運営されている。また、ラーナーの仕事の性質から考えてEXMOのストレージやユーザーデータにアクセスすることはないため、ユーザー資金は絶対的に安全だということを強調しておきたい」。

 EXMOでは今月に入って、本社オフィスとCEOのアパートがウクライナのセキュリティーサービスに捜索されている。その際ユーザーデータや資金が保管されている機器なども没収されたという。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー