バイナンスCEOの2020年予想「世界中の政府が仮想通貨導入に向けた実験をする」【独自】

仮想通貨取引所バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏(通称CZ)はコインテレグラフに対し、「2020年は世界中の政府によって仮想通貨導入のための実験が行われる」と予想した。2019年は仮想通貨やブロックチェーンに関する取り組みが多く進められたが、来年は政府レベルでの動きがより活発化すると見ているようだ。

以下にCZ氏からのコメントを掲載する。

2020年の仮想通貨業界の見通し

「世界中で、ブロックチェーンとステーブルコインを含む仮想通貨のほか、自主規制を導入し、国際規制基準を検討している政府が増えている。これはこれらがより広く一般に受け入れられていることを示している。

2020年には、世界中のさまざまな政府によって採用のために試行されたさまざまな実験が行われるだろう。いくつかは機能し、いくつかはそうではないだろうが、しかし、結局は仮想通貨の導入に非常にいい効果をもたらすだろう。

仮想通貨をめぐる規制や税制ӗ