私募型ETFに賛否両論、それでもビットコイン相場に強気な理由【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

合意無き離脱懸念後退

昨日のBTC相場は高値圏での揉み合い。但し、上値も重く、月内の高値を更新するも小幅な反落を見せている。香港情勢の悪化や米中摩擦の激化に加え、VanEck社らの私募型BTC ETFの今週リリースとの報もあり底値圏から急反発を見せていたBTC相場だが、その私募型「ETF」の買い材料ついての有効性に疑問の声も上がり始めたこともあり上値を重くしていた。更に香港の林行政長官がデモの元となった引渡条例の撤廃を表明、またイタリアでも連立協議がまとまりコンテ第2次内閣が発足するとやや値を落としていた。しかし、FRB高官から利下げを容認する声が続く中、金価格が急騰、年初来高値を小幅更新すると、BTCも反発を見せた。CMEがBTC optionを検討との報道もプラスに働いたか。しかし英下院がジョンソン首相の意向に逆らってEU離脱延期を可決、更に同首相の提案した解散総選挙が否決されると上値を重くしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。