材料難のビットコイン相場、反発に必要なもの【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

反発も戻り鈍い

週末のBTC相場は揉み合い推移。底値から反発を見せつつも上値も重い展開が続いている。トランプ再選は買い、罷免は売りとの方向性が見えつつある中、ウクライナゲート問題も有り83万円台と直近安値を更新したBTC相場だが、クリプトママことヘスター委員のコメントやベネズエラの外準採用などもあり切り返した。8000ドル近辺でマグネット効果を見せていたオプションが期日を迎えると動意を見せ始め、CMEのSQを無事通過、ホワイトハウスが対中証券投資の制限を検討と伝わると上値トライを始めた。ウィンクルボス兄弟らの株投資で損失を出したビジョンファンドはBTCを買えばいいとしたコメントも影響したか。その後は弾劾関連でポンぺオ長官への召喚状や内部告発者へのヒアリング検討などもあり90万円で上値を重くすると、米財務省の中国企業の米上場規制しないとしたことや劉副首相の訪米で貿易問題にひと段落がつくとの見方もあってか上値を重くした。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。