ビットコイン前回安値割れ。その理由と本日の材料。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

8000ドル防衛失敗

昨日のBTC相場は朝方に大きく下落。一昨日の急落からの戻しで回復しきれずにいると、再び安値を更新する展開となった。FOMCやBakktの開始といった材料で上値追いに失敗、溜まっていたロングの投げもあり105万円から87万円近辺まで急落していたBTC相場だが、きっかけとなったハッシュレートの低下も回復、引き鉄となった米大統領弾劾調査も実際に罷免に至る可能性は低いとの見方もあり値を戻していた。先週発表されたGoogleの量子コンピューターがBTCに影響を与えるレベルではないとの専門家のコメントも安心感を与えたか。しかし、半値戻しの96万円を前に値を戻しきれずにいると、トランプ大統領が弾劾が実現すれば株が暴落するとツイート、内部告発状が公表されマグワイア国家情報長官代理の公聴会が始まり米株が下落すると、BTCは下落。前回安値で一旦サポートされるも再び下落、83万円台を付けた後、若干は切り返している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。