朝方のビットコイン急落、その原因と今後の展開を考える【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

100万円付近のストップをトリガー

昨日のBTC相場は大きく下落。三角持ち合いのレンジが狭まる中、下限となる100万円付近を下抜けると、86万円台までの急落を見せた。今年最大の材料とも称されたBakktの開始も上値追いに失敗、更に開始7時間後で出来高18BTCと(現時点で165BTC)低調だったことから上値を重くしていたBTC相場だが、先週の相場をけん引したアルトコイン、中でもLTCが急落するとBTCも軟調に推移した。しかしレンジの下限となる100万円付近が意識され揉み合い推移となったが、BTCのハッシュレートがBLOCKCHAINで3割、Coindanceで4割低下したと伝わると一段と下落、何とか100万円の水準でサポートされていたが、SEC委員長やクリプトママことヘスター委員が参加するリブラへの対応も含めたSECに関する公聴会が開催されると100万円を割り込み急落。BitMEXではロングが7万BTC解消されるなどストップを巻き込みながら86万円台までの急落となった。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。