アルト主導で戻ってきたビットコイン。上値ブレークの予感も。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

アルト主導の反発

昨日のBTC相場は下に行って来いの展開。110万円台から104万円まで急落したが、半日後には111万円台に戻すやや荒っぽい展開となった。今週に入って活発化したアルトコインの上昇がXRPの30セント乗せで一巡感が出ていたところ、注目のFOMCで25bp利下げされたものの上値追いに失敗。32セント台まで上昇していたXRPが30セント割れまで反落するとBTC相場も110万円を割れ始め、追い打ちをかけるように日銀政策決定会合で追加緩和が見送られると104万円台まで急落した。しかし、Binanceが1か月以内に中国でOTC取引を開始するとの報や黒田総裁が会見で以前より前向きとコメントするなど次回会合での緩和への期待感が浮上した事もあり下げ止まると、1日の手数料がBTCを上回り、中東の大手銀行がスイスでカストディーを開始したといった報道もあったETH主導でアルトコインが持ち直し、BTCも急速に値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。