アルトコインに循環物色。ビットコインにも押し目買い【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

久々のアルト主導の買い

週末のBTC相場はほぼ横ばい推移。113万円近辺で上値を重くすると110万円を割り込む反落を見せるもすぐさま反発するなど底値の固さも印象付けた。ECBの量的緩和再開やCMEポジション上限引き上げ報道もあり堅調に推移していたBTC相場だがECB内の不協和音や米大統領の暫定合意検討ツイートもあり113万円近辺で上値を重くした。その後、一時110万円を割り込むが、JVCEAの統計資料で本邦での人気が再確認されたMONA coinが急騰。続いてスマホメーカーHTCとの提携でBCHも急騰、更にガス代の急騰もあり底堅く推移していたETHも急騰、アルトコインが循環物色気味に持ち直す中、113万円をトライするも失敗。その後、香港や中東情勢の不安定化でリスクオフの機運が高まるも上値を重くすると、BISのステーブルコイン会議でリブラの承認は容易でないとすると108万円台に急落したが、ETH主導で反発。押し目買い意欲強さを印象付けた。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。