一帯一路サミット無事開幕。ビットコインは底固めの兆し?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

三度10,000ドル割れトライ

昨日のBTC相場は底値圏での揉み合い。10,000ドルレベルでの攻防を続けている。英離脱や米中摩擦などの緊張緩和もあり週末に急落した後、上値の重い展開が続いているBTC相場だが、サウスチャイナポストで米農産物輸入拡大で米中合意の可能性が指摘され、また強硬派のボルトン補佐官の更迭などもあり米株が急騰、BTCは一時10,000ドルを割り込んだが、その水準では底堅さを見せすぐさま反発。しかし注目の一帯一路サミットが無事開幕、香港株が急騰すると、中国から関税引上げ除外リストが出たことも有り、再び10,000ドルを割り込んだ。その水準で再び反発を見せると、米大統領が金利をゼロないしはマイナスにすべきとのツイートやCoinbaseがIEOプラットフォームを近日発表するとの報もあり値を戻した。米国時間には三度10,000ドル割れをトライするもやはり反発、底値を堅さを確認した形となっている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。